0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/07/22

FIP制度とアグリゲーター

基礎知識・コラム

2020年からFITは抜本的な改革に入っており、太陽光投資は大きな転換期を迎えようとしております。FITは現在終了へと動いており、政府はFITからFIP(Feed In Premium)に以降することによって再生可能エネルギーを普及させようとしております。その中で「アグリゲーター」という新しい概念が採用され、FIP制度に置いて重要な役割を果たすと言われております。今回はFIP制度における「アグリゲーター」とはどのような存在なのか、ご紹介いたします。

○FIP制度とアグリゲーター

新しいエネルギー基本計画において、再エネが主力電源として機能するようにしていきたいところですが、そのためには、再エネの不安定さを解消することが必要となります。分散型電源などを束ねて電気の供給を行う事業者である「アグリゲーター」がその不安定さを解消するのが新しい電気事業法の世界となっております。電気事業法上で、アグリゲーターは適格要件が定められ、ライセンス制となりました。リソースアグリゲーターは、小型で分散している太陽光発電のような小規模電源を束ねる役割を担っているのですが、その他にも需要応答を実施したり、蓄電池などで需給を調整したりすることも求められていると言われております。

○アグリゲーターの必要性

もし、太陽光発電が主力電源となった場合、夕方から出力低下が予想されます。そんな最中電力の需給が逼迫してしまうと多くの世帯に影響が出てしまうことになります。このように再エネの主力電源化は、このようなリスクが増えてしまうと考えられますので、アグリゲーターはその回避のために重要だと言えるかと思います。

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!