0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/04/15

インボイス制度はなぜできる???

基礎知識・コラム

2023年から導入される予定のインボイス制度についてご存知でしょうか?

○インボイス制度とは??

インボイス制度は2023年10月に導入予定となっております。正式には「適格請求書等保存方式」と呼び、適格請求書等の保存を仕入税額控除の要件とする制度となっております。導入以前は仕入税額控除のためには、請求書の保存が必要であったかと思うのですが、その請求書には適用税率や税額の記載は必要ありませんでした。税率が一定であれば請求額さえわかれば税率の記載がなくとも税額がわかりましたが、軽減税率の導入により、正確に税率を把握する必要が生じたため、適格請求書等が必要になりました。

では、なぜインボイス制度は導入されるのでしょうか?

○なぜ、インボイス制度は導入されるのか??

請求書等保存方式に代わってインボイス方式の導入が必要なおもな理由は、

・取引における消費税額を正確に把握するため

・正確な税率を確認するため

・不正やミスを防ぐため

の3つと言われております。

・取引における消費税額を正確に把握するため

インボイス制度が導入される理由として取引における消費税額を把握するためだと言われております。軽減税率によって複数の税率が混在すると、どの商品にどの税率が適用されているか、区分する必要があります。税率が複数あれば、それぞれの税率から正しい納税額を算出しなくてはなりません。商品ごとに価格と税率を記載した書類を、納税時の証憑として保存しておく必要があると言うわけです。

・正確な税率を確認するため

仕入れを行う場合も複数の税率が混在してしまうと、正確な税務処理が難しくなるかと思います。ですので、インボイスを使わないことには、とても正確な税額を確認することはできないため導入されるというわけです。

・不正なミスを防ぐため

複数の消費税率を扱うインボイス制度が導入されることで、複数の税率を区分し正確な納税額を出すのは手間がかかってしまいます。もし、税率が8%のものを10%で計上してしまった場合は差額の2%が不当利益となってしまいますので、「誰がいつ、何を、税率何%で、合計いくらで販売した」という明細を記した、インボイスが必要となるかと思います。

こういった理由でインボイス制度が導入されます。現在では太陽光投資では影響を受けないと言われておりますが、今後影響を受ける可能性がございますので、要確認です。

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!