0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/03/04

賠償責任や売電ロスを補う保険とは???

基礎知識・コラム

太陽光投資を運用していく上でどうしてもリスクはつき回ってきます。わかりやすいところで言うと太陽光発電は基本的に屋根か野立てということもあり、自然災害による影響をもろに受けてしまいます。もし、そういったところの影響を受け、パネルの破損などが起きてしまった場合、売電ができなくなってしまう期間が出てきてしまいますのでその期間はロスが発生してしまいます。そんな時に保険に入っておくことでそういったリスクをカバーすることが可能です。

今回はそんな太陽光投資をしていく上でのリスクである「売電ロス」と「賠償責任によるリスク」を補う保険はどのようなものがあるのか?ご紹介させていただきます。

○賠償責任や売電ロスを補う保険とは??

・施工賠償責任保険

この施工賠償責任保険は強風で飛んだパネルが他人の体や物に当たって損害を与えた場合に適用されます。深刻な被害であった場合でも、カバーしてくれますので、近隣に住宅がある場合などは検討してもいいかもしれません。

・休業損害補償保険

この休業損害補償保険は事故で設備が損傷したとき、復旧までに失った本来得られるはずの売電額を補償してもらえるというもので、この保険に入ることで太陽光発電の返済期間を短く、返済比率が高くなり安くなります。ただこの保険は出力制御による損失を補償するものではないことは覚えておきましょう。

・出力抑制保険

出力抑制保険は電力会社の出力制御で売電収入が失われた場合に補償されるものとなっております。出力抑制地域はできるだけ加入を検討していただきたい保険ではあるのですが、出力抑制は規模が大きいものから負担を分担して選ばれますので、保険料と出力抑制による影響のバランスを考えながら検討してみてもいいかもしれません。

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!