0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/03/02

産業用太陽光メーカーの保証の範囲とは???

基礎知識・コラム

太陽光投資は20年間という長期間の投資ということもあり、自然災害によるものや経年劣化等のリスクは出てきます。そのようなリスクに備えるためにもメーカー保証のような保証をつけておく必要があります。今回は産業用太陽光のメーカー保証の範囲はどうなっているのかご紹介させていただきます。

○製品保証について

製品保証とは、冷蔵庫などの家電を買った時につくものとほぼ一緒で、その製品の不具合や破損等が起きた際に適用されます。対象機器は架台、延長ケーブル、接続箱、パワーコンディショナ、昇圧ユニットなどで一般的な保証期間は10~15年となっており、ここはメーカーによって変わってきます。災害や事故などで起きてしまった故障やトラブルは、製造上の不良や欠陥とはまた変わってきますので、範囲外になることがほとんどです。

○工事中のトラブルに対応する保証

あまりイメージなかったかもしれませんが、太陽光発電を設置する工事中に、万が一のトラブルがあったときの保険がございます。「電気工事の1年保証」は、電気工事をした物件に欠陥があった場合に保証されるもので、ほとんどの太陽光発電工事には付いております。「建設工事保険」も施工会社が加入する保険で、工事中の盗難や事故などに対し金銭的な保証が受けられるものとなっております。このような加入できる保険は施工会社によって変わってきますので、事前に問い合わせしておいた方がいいかと思います。

産業用太陽光メーカーの保証の範囲はだいたい上記のような内容になってきます。ここで注意していただきたいのが、メーカー保証が適用されないケースがあるということです。メーカーが認定していない施工会社に設置を依頼すると、個々の製品に対する保証はあるものの、設備全体としての保証は無効となるケースがございます。ですので、事前に施工会社に確認しておきましょう。

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

中高太陽光ならセカンドソーラー

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!