0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/05/18

中古太陽光で投資に向いているか見分けるには??

基礎知識・コラム

中古太陽光物件には、好条件なものもあれば、結果的に利回りがあまりよくなかったというものもございます。その見分け方としてポイントがいくつかございます。今回はそんな中古太陽光投資に向いている物件の見分け方について何点かポイントをご紹介させていただきます。

好条件の物件の見分け方とは!?

・太陽光パネルを覆うような木や雑草がないかを確認

まず、前提条件として太陽光パネルに影ができてしまうと発電パフォーマンスが悪くなってしまいますので影が出ないかどうかを確認していく必要がございます。木や雑草もその影になってしまう要因です。ですので、パネルを覆うような木や雑草がないかを確認しておく必要がございます。

・太陽光パネルの汚れや破損、故障がないか

上記とも若干内容が被ってしまいますが、パネルの汚れや破損があった場合も発電パフォーマンスが悪くなってしまいます。台風等の自然災害が起きた後は特にパネルが汚れてしまったり、破損してしまったりしてることがございますので、確認をしておいた方がいいかと思います。

・経年劣化により太陽光発電の発電量が減っていないか

太陽光発電システムの中には精密機器がございます。電子レンジ等を想像していただければわかりやすいかと思いますが、精密機器は経年劣化しやすいです。この経年劣化により太陽光発電の発電量が減ってしまうリスクが想定されますので、この点に関しても確認をしておいた方がいいかと思います。

以上、好条件の発電所の見分け方についてご紹介させていただきました。中古太陽光は過去に実績がございますので、いい物件と悪い物件は見分けやすくなっております。ぜひ中古太陽光での投資を検討してみてはいかがでしょうか。

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!