0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/04/04

低圧全量売電が終了して中古太陽光の需要が上がってる!?

基礎知識・コラム

昨年からFITの価格に大きな動きが出てきました。それが、「低圧全量売電の終了」です。FITの全量買取の範囲が狭くなり50kW以上250kW未満のみとなりました。ですので、新規で申請をして太陽光投資を始めるという方は少なくなってしまいました。その一方であるもののプレミア度がかなり上がりました。それが「中古太陽光」です。

○中古太陽光とは??

中古太陽光とはいわゆる稼働済みの物件のことをいいます。実績がわかるためシュミレーションが立てやすかったり、売電単価が高かったりとメリットは多く存在します。

○なぜ、プレミア度が上がっているのか??

もちろん、売電単価が高いというところや、シュミレーションが立てやすいといったようなメリットはございます。ですが、それ以外にも大きなメリットがございます。それが、低圧とメガソーラーでも全量売電ができるという点です。低圧とメガソーラーで全量売電ができるメリットは多くございます。

・低圧で全量売電ができるメリット

低圧で太陽光投資をする大きなメリットとしては、高圧で付けないといけないキュービクル(変圧器)の設置や電気主任技術者の選定と選任の必要がありませんので、費用を抑えて運用することが可能です。

・メガソーラーで全量売電ができるメリット

ある程度想定はできるかもしれませんが、初期投資分の費用を回収することができた後の収益が高圧と比べかなり大きいという点がございます。ですので、ある程度の資金があるという方はメガソーラーでの投資はかなりのメリットがございます。

このように中古太陽光のプレミア度はかなり上がってきております。ですので、太陽光事業者の中でもし売却を検討されている方は今が時期かと思いますので、ぜひ一度セカンドソーラーまでご相談ください。

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!