0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/09/09

積雪が多い地域は太陽光投資には不向き?

基礎知識・コラム

太陽光投資といえば太陽光のエネルギーで電力を生成しますので、基本的には晴れの多い地域が設置するのに向いているというイメージが強いかと思います。確かに太陽光投資は日照時間の確保が重要になってきますので晴れている日が多いことに越したことはないのですが、必ずしもそういったわけではありません。

 

〇積雪が多い地域は本当に太陽光投資に不向きなのか?

上記にもあります通り、太陽光発電は晴れの日が多くてもいいというわけではありません。その理由として、太陽光パネルは熱に弱いという特性があるというところにあります。つまり、ある一定の温度を超えることで発電効率が落ちてしまいますので、晴れの日が多いからと言って発電量が多くなるというわけではないというわけです。

では、積雪地帯は太陽光投資には不向きとは断言できないのでしょうか。ここにも上記にあります通り熱問題が関わってきます。積雪地帯は基本的に夏場は過ごしやすいくらいの気温であることが多いかと思います。ですので、発電効率も発電量も増えるということが想定されます。

こういったこともあり、積雪が多い地域だからといって発電量が少ないというわけではないということがわかるかと思います。ですので、太陽光投資は晴れている日が多い所に限らずそういった地域に目を向けることで収益を多く出すことが可能になってくるかもしれません。

 

〇中古太陽光なら過去の実績から判断が出来ます!!

中古太陽光は過去に稼働していた実績がありますので、その実績を比較して物件を決めるということが可能です!!

〇セカンドソーラーは中古太陽光を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!