0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/08/15

コロナの影響受けず安定資産運用!中古太陽光とは!?

基礎知識・コラム

今年2020年になってから、ほとんどの方はご存知かと思いますが新型コロナウイルスによる経済へのダメージはかなり大きくなってきております。投資業界もそのダメージは大きく、株や為替のダメージも大きく投資家が頭を抱えてしまうような現状と言えるかと思います。そんな、コロナ禍による影響をそこまで受けていない投資があるのをご存知でしょうか?それが、「太陽光投資」です。太陽光投資は再エネによる電力生成が出来れば収益を出すことが可能ですので、コロナによる影響が出ているという報告はまだ聞きません。

ですが、太陽光投資も今年(2020年)からFITに大きな変化が出てき始め、全量売電は50kW以上250kW未満の発電システムしか全量売電が出来なくなってしまったため投資としては当初のような利益はなかなか難しい環境となってしまっております。

そこで、注目を集めているのが、「中古太陽光投資」です。

中古太陽光投資とはいったいどのような投資内容になるのでしょうか?

 

〇中古太陽光なら利益は新規より大きい!?

まず、そもそも中古太陽光とはなんなのか?というところなのですが、認定をうけて稼働済みの物件を基本的には中古太陽光と言います。では、なぜ中古太陽光は注目されているのでしょうか。

太陽光投資について軽く調べている方がいらっしゃればご存知かと思いますが、売電価格は年々減少しており、FITが導入されて以来30円/kWhほどの下がり幅となっております。つまり、過去に認定を受けている物件であれば高い売電価格での売電が可能でありその分の利回りが大きいということになります。他にも中古太陽光のメリットはたくさんあるのですが、大まかなところを上げればこういったところが大きいのではないかと考えられます。

 

コロナ禍でも対応できる投資として中古太陽光は選択肢の一つに入れてもいいかと思います。

 

〇セカンドソーラーは中古太陽光を多数掲載しております。

セカンドソーラーは中古太陽光を多数掲載しており、販売実績も多数ございますのでもし中古太陽光での投資をご検討の際はセカンドソーラーまでお気軽にご相談ください。