0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/04/19

太陽光収支シュミレーションに影響を与える要素とは?

基礎知識・コラム

太陽光投資を新規で設備を設けてする場合、どのくらいの利回りが見込めるかという収支のシュミレーションをおこなってから運用を開始することになるかと思います。
中には高利回りを売りに出す業者が多くいますがそれが、本当にそうなのかというところも可能であれば自分で知っておきたいところになります。

今回はそんな太陽光投資の収支シュミレーションに大きな影響を与える要素についてご紹介させていただきます。

 

〇収支シュミレーションに影響を与える要素とは?

収支シュミレーションに影響を与える要素は主に3つございます。

 

・太陽光システムの発電効率

発電効率は太陽光パネルの素材によって異なってきます。同じような条件下であっても太陽光パネルが違うだけで異なってきます。太陽光パネルの種類は主に「結晶シリコン」「薄膜シリコン」「化合物」などありシュミレーションをする場合は正確に打ち込んでいかなければなりません。

・パネルの方向・傾斜

パネルの方向や傾斜によっても発電量が変わってきます。太陽とパネルが真正面に近くなるほど採光量が増えます。ですが、パネルも適正温度がありますので真正面に向ければいいというものではありません。この点もシュミレーションをする際は考慮したほうがいいかと思います。

・設置する地域

設置する地域によっても気候や温度がそれぞれ違いますので、発電に大きくかかわってきます。

 

以上、発電収支シュミレーションに影響を与える要素についてご紹介させていただきました。太陽光投資を検討の際はぜひ参考にしてみてください。

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!