0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/03/19

メガソーラーを新規でオススメしない理由

基礎知識・コラム

太陽光投資をしていく上である程度の資金があり大きな収益を出したいとなると「メガソーラー」での投資を検討することになります。当サイト内でメガソーラーに関する記事もいくつかかかせていただいておりますので合わせてご覧ください。

記事:メガソーラービジネスとは?その内容と取り組み事例
記事:メガソーラービジネスで起こりうるリスクと対策

そんな、メガソーラーなのですがタイトルにもあります通り新規での設置はオススメしておりません。

 

〇メガソーラーを新規でオススメしない理由とは

太陽光発電は発電容量で区分されており、メガソーラーはその中でも大規模な発電になります。そんな大規模な太陽光発電はFIT(固定価格買取制度)の対象外となっており、FIT価格での売電が出来ません。500kW以上の太陽光発電は「入札制」の対象となっております。

 

入札制とは?

太陽光発電の入札制度とは、入札価格の安い順に落札されるというもので、日本全体であらかじめ決められた設備容量がいっぱいになったら終了になります。この落札価格が、その事業計画に対するFIT価格となります。

 

つまり、新規でメガソーラーを作ってしまうと入札制度が適用されますので利回りとしてはあまりいいものと言えないかもしれません。

 

そこで、中古太陽光をオススメいたします!!

 

以前まではメガソーラーであってもFIT価格で運用することができましたのでその時の物件を購入することでメガソーラーでFIT価格での投資をすることが可能です。メガソーラーでの投資を検討されている方はぜひ中古太陽光で検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!