0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/03/14

企業総合保険と動産総合保険について

基礎知識・コラム

太陽光投資をしていく上でどうしてもリスクというのはつきものです。その例として火災や盗難、電気的な事故があります。ここに関してはオーナーだけでは補えないところになってきます。そんな事故に対処することが出来るように保険に入っておかなければなりません。今回はそんな保険の中の企業総合保険と動産総合保険についてご紹介させていただきます。

 

・企業総合保険

パネル、パワコン、監視システムなど太陽光発電事業に関する一式が補償の対象で保険金の支払対象となる事故としては次のとおりになります。

火災、落雷、破裂、爆発
水災
風災、雹災、雪災
盗難
車両、航空機の衝突等
建物の外部からの物体の衝突など
電気的、機械的事故
その他偶然な破損事故等

地震や戦争、津波による事故は保険の支払い対象外になりますので注意が必要です。なお、地域の特性に合わせて上記の保険内容の一部を除外することが出来るそうです。

 

・動産総合保険

企業総合保険と保険の範囲はほぼ変わりません。ですが、電気的・機械的事故までカバーされていないのが多く、刈払機での草刈り時によるケーブル破損、飛び石によるパネル破損といった事業者の落ち度による事故も対象外となるものもあります。

 

以上、企業総合保険と動産総合保険についてご紹介させていただきました。投資をする際はそれぞれの地域の特性に合わせた保険に加入し起こりうる様々なリスクに対処をしておくことをおすすめいたします。

 

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!