0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/03/11

中古太陽光は土地選びのリスクゼロ!?

基礎知識・コラム

2012年の固定価格買取制度が導入されて以降、太陽光投資が爆発的に広まり、太陽光発電所が全国にかなりできました。投資の開始理由として一番多いのは利回りと言っていいでしょう。不動産投資と比較するとわかりやすいかと思いますが、不動産投資は空室リスクや家賃滞納で収入が入ってこない可能性が考えられます。それに対し太陽光投資は基本的に晴れていれば発電してくれますので安定して収入を得ることが可能です。

とはいっても、太陽光発電をするためにはある程度の広さのある土地を持っていなければ発電所を設置することが出来ません。仮に持っていたとしても太陽光発電に向いていない土地だと意味がありません。

 

〇中古太陽光だと土地選びのリスクはございません!!

 

まず、中古太陽光とは稼働済み物件のことを差します。つまりはその土地での発電状況もわかれば、発電実績もわかります。ですので、土地を見つけたはいいもののその土地で全然発電してくれなかったといったリスクや土地付き太陽光を買ってうまく発電してくれなかったといったリスクは無くなりますので安心して投資を開始することが可能です。

また、稼働実績がわかるということは年間の発電量もわかりますのである程度の資金繰りも想定しつつすることが出来ます。中古太陽光だと、さまざまなリスクが抑えられますのではじめて太陽光投資をするという方にはおすすめです。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!