0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/02/29

太陽光発電の名義変更はなぜ必要なのか?

太陽光発電 中古

〇太陽光発電の名義変更は可能なのか?

 

自動車等の資産や相続した物件は名義変更ができるイメージがあるけど、太陽光発電の名義変更は可能なのか?と疑問を持たれる方も多いかと思います。実は、太陽光発電の名義変更は可能です。

主に、この名義変更は産業用太陽光発電の場合、中古太陽光ですることが多いです。

 

〇中古太陽光はなぜ広まったのか?

 

太陽光発電は投資案件として2012年の固定価格買取制度導入以降、有名になり爆発的に太陽光発電設備が広まりました。この投資は20年間と長期間ということもあり太陽光発電の所有者が急遽まとまったキャッシュが要るようになるなど、中古物件の販売が太陽光発電所を手放す1つの手段にもなります。このように中古太陽光が世に出回るようになったのです。

 

〇中古太陽光は買い手にもメリットが大きい!!!

 

中古太陽光を売りたい人がいる一方、中古太陽光を買いたいという人も多いです。まず、中古太陽光物件は買取価格が現在よりも高いというところがあります。そして、稼働済み物件であった場合、売電実績もわかりますのである程度の収益の予測を立てることが可能であり、その比較をすることも可能となっております。ですので、投資への心理的なリスクも回避でき安心して投資を始めることが出来るという点でメリットが大きいといっていいかと思います。

名義変更の手続きを進めるのは、中古物件を購入したり相続して新たに事業者となる方はもちろん、中古物件の売却や相続元となる現時点の事業者も名義変更の下準備が必要となってきます。

この名義変更がしっかりされていないと、不利益を被る場合がございますので注意しておきましょう。このような手続きは事業者自身が進めることも可能ですが、事業計画認定を代行申請してもらった業者にお願いするのが一般的です。

 

売却を検討している際は、名義変更も注意して行いましょう!!!

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光の買取サポートを強化しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光の買取サポートを強化しております。

投資を始めたがキャッシュが必要になり太陽光設備を売りに出したいなどなど

といった方いらっしゃいましたらお気軽にセカンドソーラーまでご相談ください。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける

取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!