0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/02/22

稼働済み太陽光発電所を短期間で売却できる物件とは?

基礎知識・コラム

「太陽光投資自体は安定してるけど、メインの事業でどうしても現金が必要になった。」など、太陽光発電機を売却したいという方は実は多いです。今回はそんな中古太陽光発電所を短期間で売却できる物件とはどのような物件なのかご紹介させていただきます。

 

〇そもそも中古太陽光にニーズはあるのか?

多くの方が疑問視されるかもしれませんが中古太陽光物件にニーズはあるのでしょうか?先に答えを申し上げますと、年々ニーズは高くなってきております。というのも、固定価格買取法が導入された2012年段階から売電単価が年を重ねるごとに下がってきております。そのため新規で太陽光設備を設けるより中古太陽光の方が利益を獲得しやすいため中古太陽光のニーズが高くなってきていると言えるかと思います。

 

〇短期間で売れる物件とは??

先に申し上げておくと、「短期間で売れる物件=条件のいい物件」になってきます。ですので売却する物件の強みを見つけておくことも大事です。例を挙げると以下のような点です。

・利回りがいい
中古太陽光の大きなデメリットの1つに売電期間の短さがあります。利回りが良ければその期間の回収ができますので利回りがいいということは大きな利点になります。

・売電単価が高い
上記にもありますが、年々売電単価が下がってきているため売電単価の高い物件は魅力が上がります。

 

などなど他にも多数ございますので探してみるのもいいかもしれません。
売ろうとしている物件の強みを見せることで短期間での売却につながりやすくなっていおります。是非参考にされてください。

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光の買取サポートを強化しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光の買取サポートを強化しております。

投資を始めたがキャッシュが必要になり太陽光設備を売りに出したいなどなど

といった方いらっしゃいましたらお気軽にセカンドソーラーまでご相談ください。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける

取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!