0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/02/14

中古太陽光で優先させるのはリスク?節約?

基礎知識・コラム

中古太陽光での投資を検討する場合、資産の運用については十分に検討し運営していくことになっていくかと思います。太陽光の投資は利益も多い分出費もなにかしらのトラブルでの出費も他の投資と比べ大きいのでやり方を工夫して節約もしていかなければなりません。ですが、この節約で痛い目を見てしまう場合もございます。

今回は中古太陽光では節約することを優先するべきか、それともリスクをしっかり想定して資産運用をするべきかご紹介させていただきます。

 

〇中古太陽光運用で出てくるリスクについて

 

・天候による不具合

太陽光投資をするにあたって定期的なメンテナンスはかなり重要になってきます。

太陽光パネルはほとんどが外にせっちされておりますので雨や雪といった天候でパネルに不具合が起きてしまうということも考えられます。そうなってしまうと、発電量も落ちてしまいますので当然収益は下がってしまいます。

ここで、定期的なメンテナンスを節約という理由で行っていないと本来得られる収益を得ることが出来なくなってしまいます。

このように、節約のやり方を間違えてしまうとかえって収益を落としてしまう可能性も考えておかなくてはなりません。とは言っても経費の節約が悪いと言っているわけではありません。他で補える部分は補ってなるべく収益率を上げることが出来るようにシュミレーションを行いましょう。

 

考え方としては「リスクを優先し節約できるところで節約をする」というところでいいかと思います。

 

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!