0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/01/30

雪国は太陽光発電に向いているのか?

基礎知識・コラム

昨今、再生可能エネルギーについてCMなんかでもよく聞くようになりました。そんな再生可能エネルギー事業の1つでもある「太陽光発電」。太陽光発電と聞いて暖かい気候で行われる事業とお思いの方が結構多い印象です。実はそんなこともなく東北地方でも太陽光発電事業を行うことは可能です。そんな東北地方では雪がよく降り積もることも多いですが、そんな地域では本当に太陽光発電は向いているのか記事にさせていただきます。

 

〇雪がパネルの上に積もる可能性

 

太陽光発電は太陽光をソーラーパネルで受けそれをエネルギーにして発電する仕組みになっております。雪国ではもちろん太陽光パネルの上に雪が積もる可能性はかなり高いので、そうなってしまうと発電量がガクンと低下してしまいます。短時間の場合はそこまで影響はでませんが、長時間降り続く場合は全く発電されなくなってしまうので注意が必要です。

 

〇雪の重さによる設備の損傷

 

北の雪国の場合、水分もふくんでおりますので、雪の重量も重いです。そのことからソーラーパネルや架台が壊れてしまう可能性もあり設備そのものに悪影響が出ることがありますので注意が必要です。

 

〇雪国は太陽光発電に向いているのか?

 

向いているか向いていないかで聞くと南の方と比べると発電量が劣ってしまうこともございますが、南の地域に負けないくらいの発電量を確保できる可能性はあります。例えば、暑い地域だと気温が高すぎてパネルの変電の効率が落ちうまく発電量が確保できない場合があるのですが、寒い地域だと夏場は涼しい方なのでパネル発電量の損失も少なくなります。これで冬場の積雪によるリスクを取り戻すことができれば雪国でも収益を上げることは可能です。

 

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!