0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/01/29

太陽光事業:雑草対策は自力?外注?(除草費用から)

基礎知識・コラム

前回の記事から雑草対策は自力ですべきか外注でお願いするべきかという点で記事にさせていただいております。

 

前回の記事:中古太陽光における雑草リスク(除草方法から)

 

今回はその雑草対策は自力でしたほうが得なのか、それとも外注でお願いしたほうが得なのか除草費用から考察していこうと思います。

 

〇雑草費用について:「自力」と「外注」

 

・自力の場合

自力の場合、基本的に専門的な知識は必要ないので、人を雇わないければ基本的に人件費がかかることはございません。ですが、場所が遠方であるなど気軽に行ける距離でなければその分の交通費が発生してしまいます。草刈り機を使う場合であっても太陽光発電機器のケーブルの損傷につながりその分の修理費用が掛かってしまう可能性もゼロではありません。

 

・外注の場合

除草を外注で依頼する場合は予算を組んでいかなければなりません。ですが、除草の場合自力でおこなうよりコスパがいいと言われております。除草を行う場合、結構な時間もかかってしまいますのでなかなか時間取れない方ですと頻繁に除草作業に向かうことは難しいでしょう。そこで外注をすることで時間の負担も減り、専門的な除草作業をしてくれるので安心です。

 

このように自力で除草を行う場合や外注による除草でできることは異なります。上記のことを理解した上で雑草の除草はどうやって行うのか検討してみてもいいかもしれません。

 

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!