0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/01/26

中古太陽光投資における雑草リスク

基礎知識・コラム

太陽光投資をするにあたってもろもろランニングコストは考えておかなければいけないのですが、やはり多くの投資家の方はどうにかして経費を削減したいと考えてらっしゃるかと思いますので、ここをスルーしてしまう方も中にはいらっしゃいます。ランニングコストの中には雑草の対策もございます。ではまず、雑草を放置してしまうとどのようなリスクがあるのでしょうか?

 

〇雑草を放置することで起こるリスク

 

太陽光パネルの近くで雑草が生い茂り影が出来てしまうと、電気の抵抗をつくり発熱をしてしまいます。そうなるとパネルの故障の原因にもなり、最悪の場合、火災の原因にもなりかねませんので注意が必要です。さらに上記のような場合の故障は製品保証外のことが多いので修理代は自己負担となってしまいます。

雑草による影響はパネルだけではありません。パワコンも同様です。パワコンは雑草の侵入や雨の対策等で1~2メートルの高さで設置されているのですが、雑草が1~2の高さになってしまうとそれこそ故障の原因になってしまいますので注意が必要です。

このように太陽光発電をしていく上で雑草の処理は必要不可欠です。もし、放置してしまうと機器の故障につながり、その期間売電ができないだけでなく修理代もかかってしまいその分のリスクの方がもったいないですので、雑草の対策は十分にしておきましょう。対策を十分にし効率のいい投資を行っていく事が大事になってくるかと思います。

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!