0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/01/24

太陽光発電:最適温度と変電効率

基礎知識・コラム

太陽光投資を始めていくにあたって重要視したい点の一つに発電効率があるかと思います。FITの場合、20年間という限られた期間での投資事業になりますのでなるべく多く売電できるに越したことはないかと思います。今回はその発電効率についてご紹介させていただきます。

 

〇太陽光発電と温度

 

太陽光発電をしていく上で温度管理は大事になってきます。意外とこう思っている方おおいのですが、温度が高ければ高いほど発電してくれるのではないかという点。実は間違いです。確かに、温度が上がれば電流の量は増えますがその分電圧が減少してしまいますのでトータルで考えると出力が落ちてしまいます。その最適温度は各メーカー毎に異なりますが、結晶シリコン型のパネルではだいたい25℃が最適だと言われております。

ですので、発電効率を上げるには高すぎず、低すぎずくらいがベストだと言われております。

 

〇どこの地域が一番発電するの?

 

太陽光発電の場合、太陽の日光が当たる地域であれば基本的に発電することは可能です。ですが、各地で気候や気温にばらつきがございますのでどこが一番発電してくれるのかとお伝えするのは難しいです。もちろん、発電量が多いと言われる人気の地域もございますが、発電量の少ないと言われる地域でもパネルの傾斜や向きなどで改善できるところもございますのでご安心いただければと思います。

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!