0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/01/21

太陽光売却:買い手が安心して買える材料とは?

基礎知識・コラム

固定価格買取制度導入以降、太陽光システムの導入が爆発的に進みました。太陽光投資自体が20年という長期間の投資ということもあり、キャッシュが必要になってしまった等の理由でシステムを売却したいという方が多いのも現在の状況です。そして、そういった中古の物件を買いたいという方も多くいらっしゃいます。

今回は売主はどうすれば買主に買ってもらいやすくなるかという点から記事にさせていただきます。

 

〇買い手が安心して購入できる材料はなんなのか?

 

投資家は発電事業を投資商品と見て投資判断をする際はかなり気を張って見ていくことになります。ですので、投資家が購入する時に、不安に思う要因はなるべく排除しておかなければなりません。

・利回りが悪くなっている

投資家の判断材料の1つとして実績があります。この実績があまり変化なく売電できていればここは問題ございませんが、ある時期を境に売電実績が下がってしまっていると不安材料になってしまう可能性がございます。売電実績が下がった理由として考えられる主な要因はパネルが汚れているか影が出来てしまっているというところです。売却をする場合はそこを解決していく事で信用にもつながりやすいです。

・なぜ売却をするのか?

やはり買手にとってはなぜシステムの売却を行ったのか?といった点は気になるところになってきます。ここを明示しないと上記にもあります通り「発電できなかったから売却をしたのではないか?」と疑われてもおかしくありません。ですので、そういった不安材料はなるべく払拭しておくことが大事になってくるかと思います。

 

セカンドソーラーでは中古太陽光の買取サポートを強化しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光の買取サポートを強化しております。

投資を始めたがキャッシュが必要になり太陽光設備を売りに出したいなどなど

といった方いらっしゃいましたらお気軽にセカンドソーラーまでご相談ください。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!