0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/01/20

太陽光投資で確認すべき業者の良し悪し

基礎知識・コラム

中古太陽光での投資を検討している場合、業者の良し悪しを判断していかなければなりません。最終的に判断するのは、事業者自身になりますのでそれなりの知識、判断材料は頭の中に入れておいた方がいいでしょう。今回は太陽光業者の良し悪しはどこで判断すべきかというところに着目して記事にさせていただきます。

 

〇利回り計算をどうしているか?

 

太陽光投資は他の投資案件と比べると利回りが高めと言われております。ですが、多くのサイトで出ている利回りは表面利回りになりますので、実際の利回りを把握するには実質利回りを計算していかなければなりません。

 

・表面利回りと実質利回り

まず、表面利回りは大まかな収益性を確認するための数字となっております。対して実質利回りは現実的な収益力を示す指標を出した数字になります。ですので、実質利回りを計算するには初期投資費用やメンテナンス費用、保険料などを把握して計算する必要があります。

 

ですので仮に表面利回りが10%と表記されていても実質利回りが5%になってしまうということも中にはございますので、利回りをしっかり把握するには実質利回りを把握しておかなければなりません。

こういった説明が曖昧になってしまっているところは少し突っ込んで質問しておいたほうがいいかと思います。太陽光発電を導入した際、何年で利益が出るのか?こういった点も説明があいまいだと慎重になった方がいいかもしれません。

太陽光投資は始めれば基本的に利回りがいいので魅力的な投資案件だと言えますが、このように始める前にいくつか注意しておきたい点がございますので、しっかり説明をしてくれる、且つ長期的に付き合えそうな業者を選びましょう。

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。