0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/01/03

中古太陽光パネルは再利用可能なのか!?

基礎知識・コラム

2012年に固定価格買取制度が導入されて以降、太陽光パネルの導入が爆発的に増えるようになりました。ご存知の方も多いかと思いますが、FITによる投資期間は20年ということもあり、始めにFITが終わると言われる2030年代には中古太陽光パネルの廃棄量が増えてしまうのではないかということで現在でも問題視されてしまっております。

 

〇パネル廃棄量が増えることで出てくる問題について

 

上記にもあります通り2030年代以降パネルの廃棄量がかなり増えてしまうのではないかという問題が考えられてきております。まず、太陽光パネルは廃棄しようと思っても簡単に廃棄出来るものではありません。太陽光パネルには鉛やセレンという有害物質が含まれており廃棄は法令に則った適正な処理をおこなう必要があります。もし、この廃棄方法を間違えてしまうと、環境汚染になり公害病につながってしまう恐れもありますので、廃棄する際はそのメーカーのパネルの性質を調べ適正な処理をする必要がございます。

 

〇太陽光パネルは再利用できるのか?

 

先に結論から申し上げますと太陽光パネルの再利用は可能です。現在でもそういったリユースに力を入れている企業が続々と出始めてきております。もし、リユースが出来なかった場合も専用の設備で分解し銀やアルミなどといった素材を取り出してリサイクルできる技術もあるそうです。

このように、使わなくなったパネルは適切な処理を行い、環境にやさしい事業となるよう事業者一人ひとりが心がけておく必要があります。

 

セカンドソーラーでは中古太陽光の買取を強化しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光の買取を強化しております。

投資を始めたがキャッシュが必要になり太陽光設備を売りに出したい

などなどといった方いらっしゃいましたらお気軽にセカンドソーラーまでご相談ください。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける

取引ができるよう努めさせていただいております

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!