0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/12/25

中古太陽光だと〇〇のリスクがない!?

基礎知識・コラム

太陽光投資を始めていく上で多くのリスクを考慮していかなければなりません。ですが新設の太陽光でかかるリスクを中古太陽光だとカバーできる部分が実はあります。今回は中古太陽光だとなくなるリスクについていくつかご紹介させていただきます。

 

◯未施工のまま業者が倒産するリスクが無い。

 

新設の太陽光のリスクの一つに施工業者の倒産リスクがございます。これは、頭金を振り込んだ後、業者と連絡がつかなくなるということがあります。頭金のみならず融資資金を含めた全額を振り込んだ後に倒産するということもあるようです。全額振り込んで倒産となると正直どうしようもできません。発電所も完成しないまま売電もできず返済だけが始まると言った生活が始まってしまいます。中古太陽光ですとこういったリスクを考慮する必要はございません。中古太陽光は物件が完成しておりますし、売電も開始している物件になりますので、支払ったお金が返ってこないといったようなリスクを心配する必要はございません。

 

◯売電が上手くいかないリスクも無い。

 

太陽光投資の失敗例としてよく聞くのが、売電開始前の発電シュミレーションと比べ予想以上に発電してくれず収益があまり出せないというものです。これは、その土地での気候や周りの環境の変化、パネルの汚れなどでこういったことが起きてしまうのですが中古太陽光だとそういったリスクを心配する必要はございません。太陽光発電の年間発電量はほぼ一緒になりますので、過去の売電実績を参考に売電シュミレーションができますので購入後に発電してくれないといったリスクは少なくなりますし、資金繰りもしやすくなっております。
以上、中古太陽光は新設の太陽光と比較し予想外のリスクというのは少ないので、太陽光投資を検討の際は中古太陽光での検討をしてみてはいかがでしょうか?

 

◯セカンドソーラーでは太陽光設備の買取を強化しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件の買取を強化しております。

買取実績も豊富ですので、売主様、買主様がご満足いただける取引ができるよう努めさせていただきます。

もし、中古太陽光の売却をご検討の際はセカンドソーラーまでお気軽にご相談くださいませ。