0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/12/24

新設太陽光よりも中古太陽光が優れている点

基礎知識・コラム

討されているでしょう。ですが、少し待っていただきたいです。中古太陽光という選択肢も入れてみてはいかがでしょうか?そこで今回は中古太陽光が新築の太陽光よりも優れている点を中心にご紹介させていただきます。

 

1、表面利回りが新設するより良い

 

2019年度現在の新設の太陽光発電所は表面利回り10%弱が多いように思えます。その一方で中古の太陽光発電所は表面利回り11%以上ものが多いんです。売電できる期間は新設の場合の買取期間よりも短くなってしまいますが、安く買えますし売電価格も高いですので、その分、収支が改善することが可能です。このように、中古太陽光の方が新設の太陽光よりも表面利回りが高いのがメリットと言えます。

 

2、出力抑制がない良い物件の発電所が購入できる。

 

売電価格の高いの案件の中には、九州電力などの出力抑制が実施されているエリアに含まれていても、出力抑制の対象外となっていることがあります。そこで中古で高単価の発電所を購入することで、出力抑制により売電できないというリスクを回避できることがあります。
以上一部ではございますが、新設太陽光よりも中古太陽光が優れている点をご紹介させていただきました。売電価格が年々低下している現在、中古太陽光のほうが利益を出すことができる可能性がございますのでぜひ一度、中古太陽光を検討してみてはいかがでしょうか?

 

◯セカンドソーラーでは太陽光設備の買取を強化しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件の買取を強化しております。

買取実績も豊富ですので、売主様、買主様がご満足いただける取引ができるよう努めさせていただきます。

もし、中古太陽光の売却をご検討の際はセカンドソーラーまでお気軽にご相談くださいませ。