0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/11/02

現物確認ができる太陽光投資!!

基礎知識・コラム

不動産投資など投資において判断材料は多いに越したことはないかと思います。太陽光投資においても同様で、発電の判断材料が多いに越したことはないです。ですが、太陽光発電を新設する場合、投資物件の土地や気候まわりにどういった建物があるのかといったところで変わってくるため、売電収入は想定という形で始めることになります。また、施工が甘かった場合は発電がうまくいかないだけでなくその分のランニングコストも発生してしまいますので注意すべき点と言ってもいいかと思います。

 

〇中古太陽光は現物確認が可能という点では有利!

 

上記の通り、太陽光設備を新設する場合は現物確認ができないということや売電実績がどのようになるか想定しかできないという点で不利と言えるかと思います。この点をカバーできているのが中古太陽光発電になります。中古太陽光物件は一度稼働させている物件になりますので現地確認が可能となっておりその設備の施工状況や管理状況を確認することが出来ます。

ですが、「あまり太陽光発電についてあんまり詳しくない…。」という方も中にはいらっしゃるかと思います。そういった方は下記の点に注目してみてください。

 

【注目事項】

・太陽光パネルを支えるための架台が少し傾いている。

・パネル間の真下にパワーコンデショナーがあり、隙間からパワーコンディショナーに雨水がかかる配置になっている。

・一部のケーブル類が地面の上に剥き出しになっている。

・太陽光パネルの裏側にあるケーブル類が留め具でしっかりと留められておらず、垂れ下がっている。

 

中古太陽光投資を検討の際は以上の点に注目して現物をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

〇セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。中古太陽光は現物確認できるだけでなく「表面利回りがいい」「契約から売電までが早い」など様々なメリットを兼ね備えております。もし、太陽光投資をご検討の際はセカンドソーラー物件一覧に掲載されている物件での投資をけんとうしてみてはいかがでしょうか。