0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/10/06

中古太陽光は不安?売りに出す理由とは!?

基礎知識・コラム

太陽光投資市場がここ数年でつくられ投資の中ではメジャーなものとなりつつあります。太陽光投資は利回りや安定性が優れているので融資もおりやすく手元に資金がない方でも始めやすいということで発電所がここ数年でかなり増えるようになりました。それとともに事業の関係で売りに出し新しい買い手を見つけるという中古太陽光市場も出来てきております。今回は、投資家がどのような理由で太陽光設備を手放すことになるのか。というところをご紹介させていただきます。

 

〇償却目的で保有する理由がなくなった

 

これが、太陽光設備を売りに出す理由として一番多いと言ってもいいかと思います。特別償却や一括償却がおわったため太陽光設備を売りにだして現金化させるというものです。

 

〇事業の関係で太陽光設備を現金化させたい

 

これも、太陽光設備を査定に出す理由としてよく耳にします。例えば、「新事業を立ち上げて急遽現金が必要になった」や「太陽光投資物件以外の投資物件の購入をしたいから現金化させたい」などさまざまです。投資家様の事業の関係で急遽現金が必要になるというケースは多いように見受けられます。

 

〇採算性が取れなかった

 

太陽光設備を設けたが思ったように発電してくれず採算性がそこまで取れなかったため、設備を売りに出して初期投資分をいち早く回収するというものです。ただし、あまり採算性が取れない物件の場合、査定が低くなってしまう可能性が高いです。

 

ざっくりではございましたが、主にこの3点が売りに出す理由として挙げられます。太陽光設備を売りに出す理由は投資家様の事業の関係次第ですのでさまざまございます。中古太陽光は一度稼働させているという面でいい点もあれば不安要素も出てくるかと思います。売る側、買う側は業者をしっかり選び信頼できるところで取引を行いましょう。

 

〇セカンドソーラーは中古太陽光物件多数取り扱っております!!

 

当サイトでは中古太陽光物件を多数取り扱っております。売却、購入をお考えの皆さまのお力となれますよう親身に対応いたしますので、もし検討されている際はご相談くださいませ。