0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/08/10

企業がPPAモデルを導入する利点について

基礎知識・コラム

ここ数年の間でSDGsを意識する企業が増えて参りました。そんな企業がまず取り組める事業として、自家消費型の太陽光発電所を導入を考えている企業が増えてきております。理由としては単純で、導入している企業が多いという点と費用対効果が高いという点にあるかと思います。

ですが、やはり導入の際にネックになってしまうのが導入費用です。太陽光発電設備の導入費用は年々下がってきてはおりますが、高額ということもあり、なかなか簡単には手を出しづらいのが現状と言えます。そんな太陽光発電設備をお得に導入できる「PPAモデル」が注目されております。

○PPAモデルとは

PPAモデル(Power Purchase Agreement Model )は、中小企業などの電力消費者が自社の屋根を貸し、PPA事業者が設置した太陽光発電設備によって発電された電気を使用するという事業モデルのことを言います。

ここからが本題です。このPPAモデルを企業が導入する利点はどういったものがあるのでしょうか。

○企業がPPAモデルを導入する利点とは??

・初期費用及びメンテナンス費用がかからない

まず、PPAモデルの場合、初期費用0円で自家消費型太陽光発電を始めることができます。導入後のメンテナンスもPPA事業者が担うことになりますので、メンテナンスにかかる維持費用もかかりませんのでその辺の費用を検討する必要がないので利点と言えるかと思います。

・電気代の削減

自家消費用の電力を使用することで、電気会社からの購入電力を減らすことが可能となっております。これにより電気代の削減が期待できます。

・環境対策による企業価値の向上

最後に初めにもあげたSDGsを意識した取り組みを行うことが可能ですので、企業価値の向上につなげることも可能です。

このように企業がPPAモデルを導入するメリットは多数ございます。企業で導入を検討される際はこのPPAモデルの導入を検討してみてもいいかもしれませんね!

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!