0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

月: 2019年7月

2019/07/05

日本ではなぜ再エネが主力電源にならないのか?

基礎知識

●なぜ日本では再エネ自給率が低いのか? まず、日本ではエネルギー自給率が低いということはご存知でしょうか。日本にある電力のほとんどは海外からのものです。2012年にFIT法(固定価格買取制度)ができ太陽光発電や風力発電などといった再生可能エネルギーの名前をよく聞くようになりました。このように見ると日本でも再生可能エネルギーが浸透してきているように見えますが世界と比較すると日本はまだまだ進んでいると […]

2019/07/04

適正に太陽光パネルを廃棄させる取り組みについて

基礎知識・コラム

日本ではエネルギー自給率が低いということもあり、2012年から再生可能エネルギーの促進につなげるべくFIT法(固定価格買取制度)が始まりました。これにより、電力の売電で収益を上げることが出来るため投資家はもちろんのことサラリーマンの不労所得事業としても注目を集めることになりました。こういったこともあり太陽光設備がかなり増えました。と共に大きな問題に直面しかけております。それが、2040年までに太陽 […]

2019/07/03

太陽光事業、2040年頃に起こる問題とは!?

基礎知識

2012年に固定価格買取制度ができて以降、産業用太陽光で投資ができるようになり設備を導入する方がかなり増えました。そんな太陽光投資なのですが、2040年付近で大きな問題が出てくるのではと予想されております。それが、「太陽光設備のごみ問題」になります。FIT期間は20年とされておりますので2012年に導入された事業者は2032年にはFITによる買取期間が終了いたします。その後の処理についてあまり前例 […]

2019/07/02

太陽光設備廃棄費用と廃棄への取り組み

基礎知識

〇太陽光パネルの廃棄費用 太陽光パネルの廃棄でかかる主な費用は主に「撤去費」「運搬費」「処分費用」他には処分費や足場代になります。撤去を行う際は撤去業者を雇う必要がありそうなるともちろん人件費がかかってしまいますのでその必要も出てきます。まだ、実際に廃棄のピーク時期がきていない為どうなるのか明確にはわからないのですが、経済産業省のデータによると2012年認定の物件は1kWあたり1.7万円になるので […]

2019/07/01

太陽光設備廃棄による問題が今後起こる!?

基礎知識

2012年からFIT法(固定価格買取制度)が制定され産業用太陽光設備を導入する投資家が爆発的に増えました。いろんな地域で太陽光設備を見かけることも増えたかと思います。ですが、それと同時にFIT期間が終了したのち太陽光設備の廃棄が出てくる可能性が出てきてしまします。何も知らないとクリーンエネルギーを生み出すための事業なのに逆に環境汚染につながりかねません。今回はそういったことを無くすためにも産業用太 […]